過払い金返還請求や住宅ローンの借金問題には個人再生を

有利に進めたい

相談

離婚を有利に進めるには

離婚を有利に進めると正当な慰謝料を支払ってもらえる可能性が高くなります。その為にはどうすればいいでしょうか。まずは離婚に際しても証拠が一番です。証拠といっても離婚する原因によって違います。浮気や不倫が原因で離婚するのであればその現場の写真が一番です。証拠写真をとるのが難しければ、相手の行動や生活態度を日付も含めて記録をとりましょう。それを日記形式でもいいのでちゃんとつけておけば裁判や調停では証拠となります。あのときああだったこうだったと、曖昧なことを言っても裁判官や調停委員には伝わりません。ちゃんと紙に日付も含めて具体的に記載して提出しましょう。そうすれば真実性も高まりますし、こちらの心情が理解されやすくなります。記録は正確に具体的に記載しておきましょう。

慰謝料の相場はどれくらい

離婚するときにもらえる慰謝料には離婚原因によって大体の金額が決まっています。これは判決例によって決まる為です。でも、基本は慰謝料の金額は双方の話し合いによって決めることができます。相手の収入や社会的地位が高いのであれば相場よりも慰謝料を高く請求できる場合もあります。不倫や浮気が原因での離婚の場合は100万円から500万円が相場と言われています。この場合は継続した関係があったことを前提とした金額になります。1回だけの浮気や不倫ではさほど慰謝料をもらうことはできません。もらえたとしてもかなり低い金額になります。あくまでもその浮気や不倫の関係がどれくらいの期間、継続していたかが慰謝料の金額を決めることになります。